console.lealog();

@leader22のWeb系に関する勉強めもブログですのだ

Face Detection APIを試したメモ

なんと、ブラウザで顔認識ができる時代になりました。

試したのはChrome 70.0.3530.0(Official Build)canary (64 ビット)で。

仕様

Accelerated Shape Detection in Images

Accelerated Shape Detection in Images なる仕様らしく、大きく2つのAPIが定義されてる。

  • Face Detection API
  • Barcode Detection API

顔認識と、バーコードの認識ができる。

今回の記事で試したのは、顔認識のほう。

FaceDetector

APIとしてはシンプルで、このように。

const faceDetector = new window.FaceDetector(options);

オプションで指定できるのは2つ。

interface FaceDetectorOptions {
  fastMode: boolean;
  maxDetectedFaces: number;  
}

`fastMode`は速度優先なら`true`、精度優先なら`false`にする。
手元で試した感じだと実行速度が倍くらい変わる・・!

`maxDetectedFaces`は、検出する顔の数のMAXを決められる風なことが書いてあるけど、`1`に設定してもいっぱい検出するし、逆に大きい値を指定しても最大で8しか検出できなかった。

FaceDetectorが持ってるのは`detect()`のみ。
この`detect()`に`ImageBitmapSource`を渡すとPromiseで認識結果が返ってくる。

async function main() {
  const faceDetector = new window.FaceDetector();
  const $img = document.querySelector('img');
  
  const faces = await faceDetector.detect($img).catch(console.error);
  for (const face of faces) {
    // face: DetectedFace
  }
}

DetectedFace

認識された結果は配列で返ってくる(1つだけでも)ので、それをよしなに使う。

interface DetectedFace {
  boundingBox: DOMRectReadOnly;
  landmarks: Landmark[];
}

`boundingBox`は、`getBoundingClientRect()`で得られるのと同じで、矩形の情報が入ってる。
`x`, `y`, `top`, `left`, `witdh`などなど。

`landmarks`は、`landmarks.type`で目・鼻・口がどこにあったかが返ってくる。
今は`landmarks
.locations`が単一座標になってて中心点だけが取れるけど、仕様には周囲を囲う座標的なことも書いてあるので、そのうち変わりそう。

デモつくった

任意の画像から顔を検出

FaceDetector Example 1

画像をアップするか、ダミーの(仕様にくっついてたデモに入ってた)画像に対して、顔認識できる。

カメラからリアルタイムに検出

FaceDetector Example 2

`getUserMedia()`したストリームに対して、顔認識してみるデモ。

メインのとこだけコード抜粋。

const options = getFaceDetectorOptions($radio, $number);
const faceDetector = new window.FaceDetector(options);
const imageCapture = new window.ImageCapture($video.srcObject.getVideoTracks()[0]);

detect();
async function detect() {
  requestAnimationFrame(detect);

  let img;
  try {
    img = await imageCapture.grabFrame();
  } catch {
    // Sometimes this throws with message `undefined`...
    return;
  }
  const faces = await faceDetector.detect(img).catch(console.error);
  drawImageToCanvas(img, $canvas);
  drawFaceRectToCanvas(faces, $canvas);
}

`video`から画像を切り出すの、最近ではImageCapture APIが使える環境だとそれが一番楽ですね。
rAFで回すとなんか謎のエラーを吐くタイミングがあって謎やったけど・・。

おわりに

多数の顔を正確に検出する方面での用途としてはまだ微妙な感じ。
なぜか8コまでしか検出できなかったので。

ただ1つだけをトラッキングするのは十分に使い物になる感じがあった。
ブラウザだけでVTuberしてWebRTCで配信!みたいなの簡単に作れる気がする。