読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

console.lealog();

@leader22のWeb系に関する勉強めもブログですのだ

これからNodeやるならnodebrew!あとforeverも。

nvmやらnaveやらいろいろありますが、一番わかりやすかったので。

参考:hokaccha/nodebrew · GitHub

お世話になります!

なにこれ?

Node.jsのバージョンマネジャーです。
複数バージョンのNodeをインストールできたり、切り替えて使用したり。

Nodeみたいなまだまだこれから!なプロジェクトは、早々のバージョンアップも考えられる。
その度に一からインストールするのは大変やし気持ち悪い・・。

そんな悩みを解決してくれるのが表向きなパッケージマネジャーの仕事です。
にわかDeveloper的には、アレコレ難しいことを考えずにあっさりNodeのインストールができるってところが嬉しいです。

Nodeを動かすまでの手順

ほとんど上記リンクに書いてますが、一応。

nodebrewのインストール

まずはこのコマンド。

curl https://raw.github.com/hokaccha/nodebrew/master/nodebrew | perl - setup

メッセージの示す通り、これでホームディレクトリ以下に.nodebrewというディレクトリができたはずです。

ls -la ~
# ってするときっと見える

パスを通す

これやんないと動きません。

vi ~/.bashrc

とやって、

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

追記。

ちなみに私はこう書きました。

# Export path for nodebrew
if [[ -f ~/.nodebrew/nodebrew ]]; then
    export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
    nodebrew use v0.8.16
fi

最新版で勉強するためにNode入れなおしたので。

.bashrcにpathを追記したらば再読み込み。

source ~/.bashrc

これで準備完了!

インストールできたか確認

nodebrew help

ってすると、ヘルプが見れます。

Nodeのインストール

こないだのNode学園祭でも聞いた通り、ソースよりバイナリから入れたほうが良いらしいので・・。

nodebrew install-binary v0.8.16

今日時点の最新版は0.8.16です。

インストールしたNodeを使うように設定

nodebrew use v0.8.16

これでNodeもインストールできました。

アンインストールも簡単で、

nodebrew uninstall v0.8.16

バージョン指定するだけ!便利!

Nodeを動かす

ここまでくれば!

node -v
# v0.8.16

よしよし。

おわりに

これでバージョンアップしてもサクッと切り替えできますね。
configureとかmakeとかインストールディレクトリとか、そういうの考えなくていいのはすごく助かります。

foreverのインストール

ここまで来たら@一息やっとくと良いかも?

書いたNode.jsのスクリプトを実行するには、コマンドで実行する必要があります。

node sample.js

という感じでやるのはわかるけども、これしちゃうと他のことできないし、実際にサービスとして公開したりするにはどうすれば?
って・・ならないためのforeverです。

Nodeをインストールするとnpmというパッケージマネジャーがついてきます。
そのnpmコマンドで、

npm install -g forever

グローバルインストールがダメな場合は、gオプションはナシで。
(ただ、グローバルにしないとうまくいかなかった

そうすると、

forever sample.js

という具合にNodeのスクリプトを起動できます。

forever list

とすることでforeverで実行してるスクリプトの確認ができます。

スクリプトを止めたい場合は、

# listで確認して、[0]で登録されたスクリプトを止めたい場合
forever stop 0

今度こそ、Node三昧できそうです。