読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

console.lealog();

@leader22のWeb系に関する勉強めもブログですのだ

Node.jsのConnectなら、ローカルサーバーを一瞬で

JavaScript Web Node.js

ちょっとコレは感動的やったので!
ご存知の方はご存知なのでしょうが、このモジュール。

参考:Connect - High quality middleware for node.js

インストール

Node.jsとnpmは使える想定で。

言わずもがなnpmでインストール。

cd /path/to/my/project
mkdir sample && cd sample

npm install connect

したらば、以下のファイルを用意します。

var cnct = require('connect');
cnct().use(cnct.static('/path/to/my/project/sample')).listen(3000);
  • Connectをrequire
  • どこをドキュメントルートにするか
  • 何番ポートか

たったこれだけ。
ファイル名は server.js とでもしておくとして、

node server.js

適当にindex.htmlと名付けたファイルを置いてからの、 http://localhost:3000 でアクセス・・・できたー!
まさかの2行でカレントディレクトリがWebサーバーに・・・。
感動した!

お気に入り設定

var cnct = require('connect');
var port = 3000;
cnct()
  .use(cnct.logger('dev'))
  .use(cnct.static(global.process.env.PWD))
  .listen(port);
console.log('Server has started at http://localhost:' + port);

node server.js するディレクトリがプロジェクトの作業ディレクトリであることが多いので。

今回はこれだけのために使ってますが、このモジュール実はとても高機能なんです・・。
気になったのがあれば、またいずれ記事にします!