読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

console.lealog();

@leader22のWeb系に関する勉強めもブログですのだ

シェルをbashからzshにかえた

Linux CentOS

特にこれといって決め手があったわけでもないけど、試したかったので。
ちょっとしたメモを書き残すけど、そもそも何が違うん?って思う人向けにさらっと違いを。

  • プロンプトの右端にも表示領域がある
  • コマンドの補完は、実際に入力までしてくれる
  • gitのcompletionでやるブランチの表示は、ファイルを用意しなくても表示できる
  • コマンドのオプションとかまで候補表示+補完してくれる

今のところ気付いたのはコレくらいかな?
まぁ十分便利な上、bashの上位互換ならどっちを選ぶかは自明ですが・・。

初期シェルの変え方

まずは、zshがそもそも使えるか確認

which zsh

どこにあるかがわかったらー、

chsh -s __path__

__path__ は、最初に調べたzshの場所。

zshrc

もちろんコレの設定がなきゃはじまらない!
あちこち検索してとりあえず使えそうなのを切り貼りした結果がコレ。

ぜんぜん知らないことの方が多いと思いますが、個人的には満足。

# 基本設定
# ----------------------------
# 言語設定
export LANG=ja_JP.UTF-8

# エディタはvim
export EDITOR=vim

# PCRE 互換の正規表現を使う
setopt re_match_pcre

# ビープ音を消す
setopt nolistbeep

# 日本語ファイル名を表示可能にする
setopt print_eight_bit

# '#' 以降をコメントとして扱う
setopt interactive_comments

# もしかして機能
setopt correct

# Ctrl + a とかやりたい
bindkey -e

# Ctrl + r で履歴さかのぼり
bindkey "^R" history-incremental-search-backward

# 補完機能
# ----------------------------
# 補完機能をON
autoload -U compinit; compinit

# Shift-Tabで補完候補を逆順する("\e[Z"でも動作する)
bindkey "^[[Z" reverse-menu-complete

# 補完候補を省スペースに
setopt list_packed

# ../ の後は今いるディレクトリを補完しない
zstyle ':completion:*' ignore-parents parent pwd ..

# 補完候補が複数あるときに自動的に一覧表示する
setopt auto_menu

# 高機能なワイルドカード展開を使用する
setopt extended_glob

# ディレクトリ名だけでcdする
setopt auto_cd

# cdの履歴を記録
setopt auto_pushd

# 重複したディレクトリを追加しない
setopt pushd_ignore_dups

# タイポを訂正
setopt correct

# 履歴関連
# ----------------------------
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000

# 重複する履歴は無視
setopt hist_ignore_dups

# 履歴を共有
setopt share_history

# スペースから始まるコマンド行はヒストリに残さない
setopt hist_ignore_space

 # ヒストリに保存するときに余分なスペースを削除する
setopt hist_reduce_blanks


# 色の設定
# ----------------------------
# 色の定義
DEFAULT=$"%{\e[0;0m%}"
RESET="%{${reset_color}%}"
GREEN="%{${fg[green]}%}"
BLUE="%{${fg[blue]}%}"
RED="%{${fg[red]}%}"
CYAN="%{${fg[cyan]}%}"
YELLOW="%{${fg[yellow]}%}"
MAGENTA="%{${fg[magenta]}%}"
WHITE="%{${fg[white]}%}"

autoload -Uz colors; colors
export LSCOLORS=Exfxcxdxbxegedabagacad

# 補完時の色の設定
export LS_COLORS='di=01;34:ln=01;35:so=01;32:ex=01;31:bd=46;34:cd=43;34:su=41;30:sg=46;30:tw=42;30:ow=43;30'

# ZLS_COLORS?
export ZLS_COLORS=$LS_COLORS

# lsコマンド時、自動で色がつく
export CLICOLOR=true

# 補完候補に色を付ける
zstyle ':completion:*:default' list-colors ${(s.:.)LS_COLORS}

# プロンプトの設定
# ----------------------------
# Gitの情報とか
autoload -Uz add-zsh-hook
autoload -Uz vcs_info

zstyle ':vcs_info:*' enable git svn hg bzr
zstyle ':vcs_info:*' formats '[%s: %b]'
zstyle ':vcs_info:*' actionformats '[%s: %b|%a]'
zstyle ':vcs_info:(svn|bzr):*' branchformat '%b:r%r'
zstyle ':vcs_info:bzr:*' use-simple true

autoload -Uz is-at-least
if is-at-least 4.3.10; then
  zstyle ':vcs_info:git:*' check-for-changes true
  zstyle ':vcs_info:git:*' stagedstr "+"
  zstyle ':vcs_info:git:*' unstagedstr "-"
  zstyle ':vcs_info:git:*' formats '[%s: %b] %c%u'
  zstyle ':vcs_info:git:*' actionformats '[%s: %b|%a] %c%u'
fi

function _update_vcs_info_msg() {
  psvar=()
  LANG=en_US.UTF-8 vcs_info
  [[ -n "$vcs_info_msg_0_" ]] && psvar[1]="$vcs_info_msg_0_"
}
add-zsh-hook precmd _update_vcs_info_msg

# コマンドを実行するときに右プロンプトを消す
setopt transient_rprompt

# コマンドラインでも # 以降をコメントと見なす
setopt interactive_comments

# プロンプトが表示されるたびにプロンプト文字列を評価、置換する
setopt prompt_subst

PROMPT="[%n] %{${fg[yellow]}%}%~%{${reset_color}%}
%{$fg[blue]%}$%{${reset_color}%} "

# プロンプト指定(コマンドの続き)
PROMPT2='[%n]> '

# もしかして時のプロンプト指定
SPROMPT="%{$fg[red]%}%{$suggest%}もしかして %B%r%b %{$fg[red]%}? [y,n,a,e]:${reset_color} "

RPROMPT="%1(v|%F{green}%1v%f|)"

ながい!
本当は、こういうのdotfilesとかってリポジトリ作ってGitで管理したい。