読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

console.lealog();

@leader22のWeb系に関する勉強めもブログですのだ

nginxだけでWordPressを動かすための設定

CentOS Linux Nginx

またも作業メモと、設定について。

やらなきゃいけないのは以下2点。

  1. ドメインの振り分け設定
  2. パーマリンクのための設定

IP直打ちで初期設定でWordPressを使う分には不要ですが、そんな人はまぁいないと思うので・・w

nginxでのドメイン設定やドキュメントルートについて

ココさえ抑えれば、後は特に悩まなくて良いかと。
逆に色々調べると、あれこれやり方は出てきますが、基本的には一緒みたい。

nginx.conf

nginxのインストールディレクトリにある、nginx.confを主に設定します。
私はちなみにyumでインストールしました。
nginx.confの中身

#######################################################################
#
# This is the main Nginx configuration file. 
#
# More information about the configuration options is available on
#   * the English wiki - http://wiki.nginx.org/Main
#   * the Russian documentation - http://sysoev.ru/nginx/
#
#######################################################################

#----------------------------------------------------------------------
# Main Module - directives that cover basic functionality
#
#   http://wiki.nginx.org/NginxHttpMainModule
#
#----------------------------------------------------------------------

user              nginx;
# worker_processes  1;
worker_processes 2;
worker_cpu_affinity 01 10;

error_log  /var/log/nginx/error.log;
#error_log  /var/log/nginx/error.log  notice;
#error_log  /var/log/nginx/error.log  info;

pid        /var/run/nginx.pid;


#----------------------------------------------------------------------
# Events Module
#
#   http://wiki.nginx.org/NginxHttpEventsModule
#
#----------------------------------------------------------------------

events {
    worker_connections  1024;
}


#----------------------------------------------------------------------
# HTTP Core Module
#
#   http://wiki.nginx.org/NginxHttpCoreModule
#
#----------------------------------------------------------------------

http {
    include       /etc/nginx/mime.types;
    default_type  application/octet-stream;

    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

    sendfile        on;
    #tcp_nopush     on;

    #keepalive_timeout  0;
    keepalive_timeout  45;

    #gzip  on;
    gzip                on;
    gzip_http_version   1.0;
    gzip_min_length     1000;
    gzip_comp_level     2;
    gzip_proxied        expired no-cache no-store private auth;
    gzip_vary           on;
    gzip_types          text/plain
                        text/xml
                        text/css
                        text/javascript
                        image/x-icon
                        application/xml
                        application/rss+xml
                        application/json
                        application/x-javascript;
    gzip_disable        "MSIE [1-6]\.";
    gzip_disable        "Mozilla/4";

    # Hide server info.
    server_tokens     off;

    # Cache contents
    expires 14d;

    # Load config files from the /etc/nginx/conf.d directory
    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}

まるまる載せてますが、サーバーによって設定が変わる部分もあるのでご注意。
ちなみにここでは本記事で設定すべし!とした内容はひとつも設定してません。
Webサーバーの大元として、設定すべき部分を書いてます。

なので、各ドメイン単位でのドキュメントルートとか、そういった設定をちゃんとする必要があります。
どこで設定してるかというと、最後の方にある・・・

    # Load config files from the /etc/nginx/conf.d directory
    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;

ってとこです。

nginxでは、このnginx.confだけじゃなくてconf.dディレクトリ以下に設定ファイルを置いて、そっちで設定することもできるそうな。

他所様によっては、sites-availableとかsites-enableとかディレクトリを作ってApacheのソレらしく書いてたりもします。
もちろんそれでもできます。
どれが正しいの?って思いがちですが、どれも正しいんですね・・。
その場合は、nginx.confの最後の方に、include...がちゃんと書かれてるはずです。

conf.dディレクトリ

初期設定では、この中に以下のファイルがあると思います。

  1. default.conf
  2. ssl.conf
  3. virtual.conf

default.confには、いわゆるデフォルトサーバーの設定を書きます。
基本的には、ここの内容に従って処理を進めます。
で、より適合する条件があれば、そっちを採用します。

参考:nginx はどのようにリクエストを処理するか

今回は通例に従って、virtual.confに設定していきます。
ここでは、www.example.comと、example.comで1WordPressにします。
blog.example2.comでもう1WordPressにします。

server {
    listen  80;
    server_name example.com *.example.com;
    rewrite ^   http://www.example.com$request_uri? permanent;
}

server {
    listen  80;
    server_name www.example.com;
    access_log  /var/www/example/logs/access.log;
    error_log   /var/www/example/logs/error.log;

    location / {
        root /var/www/example/public_html;
        index index.html index.htm index.php;
    }

    location ~ \.php$ {
        include /etc/nginx/fastcgi_params;
        fastcgi_pass    127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index   index.php;
        fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME /var/www/example/public_html$fastcgi_script_name;
    }

    location ~ /\.ht {
        deny  all;
    }
}

server {
    listen  80;
    server_name blog.example2.com;
    access_log  /var/www/blog/logs/access.log;
    error_log   /var/www/blog/logs/error.log;

    location / {
        root /var/www/blog/public_html;
        index index.html index.htm index.php;

        if (!-e $request_filename) {
                rewrite ^.+?($/-.*) $1 last;
                rewrite ^.+?(/.*\.php)$ $1 last;
                rewrite ^ /index.php last;
        }
    }

    location ~ \.php$ {
        include /etc/nginx/fastcgi_params;
        fastcgi_pass    127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index   index.php;
        fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME /var/www/blog/public_html$fastcgi_script_name;
    }

    location ~ /\.ht {
        deny  all;
    }
}

最初のブロックで、「なんたら.example.comドメインへのアクセスは、全て以下に書いてるwww.example.comの設定と同じ処理に」する、としています。
で、肝心のwww.example.comへのアクセス時の処理を設定します。

ログの場所とか、ドキュメントルートの場所とかをここで任意の場所に設定できます。

複数のドメインで、という場合は、また同じように書きます。
もうおわかりかとおもいますが、[server]で囲まれてる部分を追加することで、どんどん細かくやっていけます。

1ファイルでいっぱい書きたくないわ!って人のために、さっきのsites-availableとかがあるのかと。

WordPressパーマリンクのために

最後のブロックのblog.example2.comでは、パーマリンク用に記述を追加しています。

        if (!-e $request_filename) {
                rewrite ^.+?($/-.*) $1 last;
                rewrite ^.+?(/.*\.php)$ $1 last;
                rewrite ^ /index.php last;
        }

これをしないと、パーマリンクを設定した時に、わけのわからんURL遷移になって、とにかく動きません。

設定を反映

/etc/init.d/nginx configtest
/etc/init.d/nginx reload

設定ファイルをテストしてみて、OKだったらロードしちゃいましょう。
いきなりロードしちゃってもOKです。

気になるところ

fast-cgiのパスって、どっか一箇所に書けないもんなんでしょうか・・。
やっぱそれぞれのserverディレクティブ単位でちゃんと書かないといけないのかしら。